4月24日はこんな日です!

出来事と昔話

  • 日本ダービー記念日
  • 植物学の日
  • しぶしの日
  • 日本一のひげ

Luckyナンバーと花言葉

  • 『6』
  • ゼラニウム
  • コデマリ
  • アルメリア
  • シャクヤク

カラーと天然石

  • スプラウト
  • 4月の天然石
  • 4月24日の天然石
  • おうし座の天然石

有名人・芸能人

  • 嶋田久作
  • 菊池正美
  • 山咲千里
  • など

4月24日の今日は、いったいどんな日なのでしょうか?
この日にどんな事が起きていたのか、あなたはいくつ知っていますか?
過去の4月24日の歴史に迫ってみましょう!

フクちゃんフクちゃん

4月24日にまつわる様々な事柄を一緒に見ていきましょう。
きっと、4月24日という日をもっともっと好きになるでしょう!

スポンサーリンク

4月24日の出来事

4月24日にどんな出来事が起こっていたのでしょうか?
今でも受け継がれてきた歴史を見ていきましょう。

日本ダービー記念日

1932年、目黒競馬場で第1回の日本ダービーが開催されました。元々ダービーは、第12代ダービー卿が始めたロンドン郊外で開催されるサラブレッド3歳馬ナンバーワンを決めるレースの事で、イギリス競馬界最高の行事でした。

植物学の日

1862年、植物分類学者の牧野富太郎が高知県佐川町の豪商の家に生まれました。94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やして、新種・変種約2500種を発見・命名しました。植物について学びましょう。

しぶしの日

「し(4)ぶ(2)し(4)」の語呂合せです。2006年に誕生した鹿児島県志布志市が制定しました。

寒の戻りの特異日

寒の戻りが起こる確率の高い日のことを指します。 寒の戻りとは、春になって気温が上がる時期に突然やって来る寒さのことで、大陸からの寒波、北東気流による冷え込み、移動性高気圧による夜間の冷え込み等によって起こります。
体調管理には十分気をつけましょう。

4月24日にまつわる昔話

ひげの自慢をしていた長兵衛さんは、吉四六さんのお灸で難を逃れることができました。
吉四六さんは長兵衛さんに何を言ったのでしょうか?
昔話を見てみましょう。

ひげの長者

昔々、吉四六さんというとてもゆかいな人がおりました。
吉四六さんの村には、長兵衛さんという長いあごひげをはやしたお金持ちの老人がいました。
長兵衛さんは、「おれのひげは日本一」といつも威張っていました。
長兵衛さんのひげをほめる人がいれば、誰でも家に連れていってごちろうしていました。
ある夜に吉四六さんは長兵衛さんの家に遊びにいってみると、長兵衛さんは、見知らぬ二人の旅人を持てなおして、大騒ぎでした。
吉四六さんは、「長兵衛さん、今日はご機嫌ですね」というと、長兵衛さんはにこにこ顔で「吉四六さん、喜んでくれ。実は、この客人たちは伊勢の国のひげの長者のお使いなんだそうだ。
ひげの長者は、その名の通りとても長いひげを持っておられたが、一年前に亡くなって、遺言として『日本一の長ひげの男を探して、その男に黄金千両を渡してくれ』と言ったそうじゃ。
それで客たちは、国々を探し歩いた末、やっとわしの日本一のひげを見つけて下されたのじゃ、明日から客人と一緒に伊勢の国へ行って、黄金千両をもらってくるんだ」と長兵衛さんが言いました。
吉四六さんは、適当にうなづいて自分もごちそうになりました。
旅人が酔いつぶれて寝てしまうと、長兵衛さんを呼んで尋ねました。
「長兵衛さん、お前さんは寝る時、その長いひげは布団の外に出して眠りますか?それとも布団にいれて眠りますか?」と吉四六さんは尋ねました。
長兵衛さんは、「どうして、そんなことを聞くんだね?」と聞きました。
「実は、さっきかわや(トイレ)に行った時に客人が二人で話しているのをたまたま聞いてしまって、やはりこれも遺言らしいのだけれども、黄金を渡す前にひげの出し入れを聞いて、はっきり答えが出なければ黄金は渡さないらしいんだ、遺言だから長兵衛さんに言って聞かせるわけにもいかず、うまく答えてくれればいいんだが・・・」と言っていたことを長兵衛さんに言いました。
「そんなことだったら、簡単に答えれるよ、なにせ、自分のひげのことだからな」と長兵衛さんは吉四六さんに言いました。
長兵衛さんは、布団にはいってみると今まで気にもしたことがなかったのでいくら考えてもどっちかわからなくなってきました。
試しにひげを布団の中に入れて眠ろうとすると、いつも出していた気がするし、出しているとなんだか寒くて眠れません。
長兵衛さんは、布団にひげをいれたり、出しているうちに真夜中になってしまいました。すると、どこからか物音が聞こえてきました。
しょうじに二つの怪しい影がうつったのでその影の後をついていきました。
その二つの影は、土蔵の前に忍び寄って扉の錠を壊し始めました。
長兵衛さんは、「泥棒!!!」と叫びました。
すると、家の人たちが目を覚まして騒ぎになったので泥棒はそのままどこかへ逃げてしまいました。
夜が明けて、吉四六さんがニコニコしながらやってきました。
吉四六さんは、「長兵衛さん、ひげの事わかったかね?」と尋ねました。
長兵衛さん「吉四六さん、あの客人は泥棒だったよ」と言いました。
「何か、盗まれたものは?」と吉四六さんが尋ねました。
長兵衛さんは、「ひげの出し入れのことが気になって、昨夜は眠ることができなかったんだ、だから泥棒に気がついて何も盗まれなかったよ。
しかし、吉四六さん、あの泥棒はバカだな。ひげの出し入れのことを言わなければわしはぐっすり眠っていたよ」と言いました。
吉四六さんは「長兵衛さん、ひげの出し入れはおれの作り話なんだよ、あの二人があやしいと思ったので、長兵衛さんが眠れないようにあんなことを言ったんだよ」と言いました。
長兵衛さんは、あの客人が泥棒だということに気がついたのかと尋ねました。
吉四六さんは、「長兵衛さんのひげは日本一ではないからさ、お前さんよりも長いひげを持っている人は町にはいくらでもいる。何でも自分が一番だとうぬぼれていると今度のように人から騙されることになるんだ」と言いました。
この事にこりて長兵衛さんは、ひげ自慢をしなくなったそうです。

うぬぼれていることを相手に伝えるのは躊躇してしまうものですが、吉四六さんはその点素晴らしいですね。
この助言により人に騙されることはなくなるのですから。
外面がよくても、よきことは運ばないことを教えてくれましたね。

スポンサーリンク

24日のLuckyナンバーの意味

24日のLuckyナンバー

ラッキーナンバー

Luckyナンバーとは、琉球(りゅうきゅう)風水から導き出されたものです。
ある女性琉球風水師の方が、琉球風水とは自然と調和した心地よい空間を作るための環境学と唱えていました。

琉球(りゅうきゅう)風水から導きだされた24日生まれのLuckyナンバーは『6』です。

裕福な家などに生まれたり、玉の輿に乗れてしまう経済的に恵まれているタイプです。生涯、お金に困ることはないようです。それに加えて、恵まれた環境を鼻にかけるなどの事もせず、誰にでも優しいところがあります。注意すべき点は、ビックなチャンスに恵まれていてもそれに気がつかないという傾向にあります。ラッキーナンバー『6』は先祖からのご加護が強くなるという力があるので、この数字の力を借りでどんなチャンスを物にできるようになっていくでしょう。

4月24日のお花と花言葉

4月24日のお花と花言葉を4つご紹介します。
あなたが知っているお花と花言葉はあるでしょうか?

ゼラニウム 花言葉⇒『尊敬』『信頼』『真の友情』『憂うつ(深紅)』

ゼラニウム
ゼラニウムは、青臭いにおいのお花です。ゼラニウムは、『尊敬』『信頼』『真の友情』『憂うつ(深紅)』という花言葉があります。
この花言葉にある憂うつは、ゼラニウムの放つ青臭いにおいに由来すると言われています。花色によって意味が違ってくるお花です。

コデマリ 花言葉⇒『優雅』『上品』『友情』

コデマリ
コデマリは、純白のお花です。コデマリは、『優雅』『上品』『友情』という花言葉があります。この花言葉にある優雅、上品は、美しく気品のある花姿に由来すると言われています。

アルメリア 花言葉⇒『同情』『思いやり』『共感』

アルメリア
アルメリアは、小さな花が集まったお花です。アルメリアは、『同情』『思いやり』『共感』という花言葉があります。この花言葉にある思いやりはアルメリアが小さい花を互いに寄せ合って1つの丸い花を作っていることに由来すると言われています。

シャクヤク 花言葉⇒『恥じらい』『はにかみ』『謙遜』

シャクヤク
シャクヤクは、とてもきれいなお花です。シャクヤクは、『恥じらい』『はにかみ』『謙遜』という花言葉があります。
この花言葉にある恥じらいとはにかみは、はにかみ屋の妖精がこの花にかくれたところ、花も一緒に赤らんだというイギリスの民話に由来するという説や夕方には花を閉じてしまうことにちなむという説もあります。

4月24日のカラーと天然石

4月24日のカラーと天然石・パワーストーンのご紹介です。
4月24日のカラーと4月、4月24日、星座・おうし座の天然石・パワーストーンを組み合わせる事で、あなたの守り神とも呼べるようなパワーをもらえる事もあるかもしれません。

4月24日のカラー

4月24日のカラーは、スプラウトです。

4月24日のカラーは、占いの一種ですが、ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がはじまりです。
4月24日のカラーはスプラウトです。黄緑色です。色言葉は、優雅、優しさ、文学です。パーソナリティは、文学に心ひかれる優しい人です。
思いやりがあって人に好かれます。詩や小説に没頭する余り、心を揺さぶられやすいです。

4月のパワーストーン

クリスタル
4月のパワーストーンはクリスタルです。世界で一番知名度のある水の精が宿る石です。柔らかく邪気を包み込む浄化力がある守護石です。

4月24日のパワーストーン

アメトリン
アメトリンです。黄色のシトリンと紫のアメジスト合わさった綺麗な守護石です。物事のバランスを整えてくれるパワーが強いので、仕事とプライベート、育児と家事などバランスを計りたい時、身に着けるとパワーがもらえてスムーズに物事から進むかもしれません。

4月24日・おうし座のパワーストーン

アベンチュリン
アベンチュリン
ブルートパーズ
ブルートパーズ
ブルーレースアゲート
ブルーレースアゲート
ロードナイト
ロードナイト

おうし座のパワーストーンには、リラックスというキーワードも秘められています。守護石・アメトリンの力もかりながら、誰も気がつかないような良いバランスの取り方が手に入ることもであるかもしれません。

  • アベンチュリンは、精神を安定させ、平穏を授ける守護石です。イライラや不安を抑えてストレス癒す効果があります。
  • ブルートパーズは、精神の高ぶりを押さえ、集中力を高めて、頭の働きをよくしてくれる護石です。難題に突き当たっても、目標達成できるよう導いてくれます。
  • ブルーレースアゲートは、穏やかで平和なエネルギーで包んでくれると言われている守護石です。心の高ぶりを抑え、リラックスさせる効果があり、身につけることでお互いの気持ちが通じ合い、信頼感を高めることができるでしょう。
  • ロードナイトは、愛情を活性化させる守護石です。恋愛に対して積極的にサポートをしてくれます。

4月24日に誕生した芸能人・有名人

4月24日に誕生した芸能人・有名人を紹介します。
あなたの知っている芸能人・有名人はいるでしょうか?

職 業 氏 名
1955年 俳優 嶋田久作
1960年 声優 菊池正美
1962年 女優 山咲千里
1967年 タレント 井上千鶴
1973年 タレント 三宅みゆき
1981年 タレント 山本 梓
1984年 タレント 大石里紗

まとめ

いかがでしたか?
4月24日に起きていた数々のエピソードをご紹介してきました。
あなたはいくつ知っていましたか?

4月24日のLuckyナンバー「6」、ゼラニウム・コデマリ・アルメリア・シャクヤクの4つの花と花言葉、カラー「スプラウト」、4月、4月24日、星座・おうし座のパワーストーンを身につけることで、あなたの守護として守ってくれるでしょう。

4月24日は、一年に一度の大切な日です。
あなたにとって幸せな1日になりますように。

スポンサーリンク
この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう