4月25日はこんな日です!

出来事と昔話

  • 国連記念日
  • 拾得物の日
  • 歩道橋の日
  • 幸運を読む猫

Luckyナンバーと花言葉

  • 『17』
  • ブルーベル
  • 山吹
  • ストレリチア
  • フクシア

カラーと天然石

  • エルブ
  • 4月の天然石
  • 4月25日の天然石
  • おうし座の天然石

有名人・芸能人

  • 池本小百合
  • 児島未散
  • 鶴田真由
  • など

4月25日の今日は、いったいどんな日なのでしょうか?
この日にどんな事が起きていたのか、あなたはいくつ知っていますか?
過去の4月25日の歴史に迫ってみましょう!

フクちゃんフクちゃん

4月25日にまつわる様々な事柄を一緒に見ていきましょう。
きっと、4月25日という日をもっともっと好きになるでしょう!

スポンサーリンク

4月25日の出来事

4月25日にどんな出来事が起こっていたのでしょうか?
今でも受け継がれてきた歴史を見ていきましょう。

国連記念日

1945年、サンフランシスコ会議が開催され、国連憲章が作成されました。国連には、国連児童基金(UNICEF)や国連教育科学文化機関(UNESCO)など国際的なさまざまな機関があり、多種多様なボランティア活動が活発に行われています。ボランティアの力は大きいですね。

拾得物の日

1980年、東京・銀座で大貫久男さんが現金1億円を拾いました。落し主は現れず、1億円は全額大貫さんの手に渡りました。しかし、その後の税金で、かなりの額を持っていかれたそうです。

歩道橋の日

1963年、大阪駅前に日本初の横断歩道橋が完成しました。歩行者にとっては、安全ですね。

市町村制公布記念日

1888年、「市制」「町村制」が公布されました。

4月25日にまつわる昔話

長い間、和尚さん飼っていた猫のおかげで和尚さんは一生幸せな生活が送ることができました。
飼っていた猫は何をしたのでしょうか?
昔話を見てみましょう。

ネコの恩返し

4月25日にまつわる昔話
昔々、貧乏寺に、和尚さんが一人で住んでいました。
和尚さんは一匹の三毛ネコを自分の子どもの様に可愛がっていましたが、今ではそのネコもすっかり年寄りになってしまいました。

ある日、和尚さんは法事に出かけて夜遅くに寺へ戻ってみると、寺の中で何やら騒がしい音がしました。
不思議に思った和尚さんが、そっと中をのぞくと、和尚さんの三毛猫が和尚さんの衣を来て、楽しそうに踊っていたのです。
三毛猫のまわりには、たくさんのネコが集まっていて、三毛猫と同じように踊っていたのです。和尚さんはしばらくその様子を見ていました。
和尚さんは、ネコを長く飼っていると化けねこになるんだろうなと思っていました。
うちの三毛猫も長いこと飼っているからとうとう化けだしかと怖くなりました。
和尚さんは、わざと大きな咳払いをして、ゆっくり戸をあけて「三毛や、帰ったよ」と言いました。
ネコたちはあわてて飛び出していき、和尚さんの飼っている三毛猫もあわてて衣を脱いで和尚さんのところに駆け寄って甘えました。
しかし、「三毛や」と言っただけで和尚さんは、奥の部屋へ行ってしまいました。

その日の真夜中、和尚さんが寝ていると、耳元で和尚さんに声をかけるものがありました。
和尚さんが目をあけると、三毛猫が座っていました。
三毛猫は、「実は、和尚さんにお話があります。私は長い間、和尚さんに可愛がってもらいました、ご存知かもしれませんが、人間に長く飼われた猫は知恵と妖力がついて化けネコに変わります。私が、化けネコになってから3年ほど経ちました。出来ればこのまま和尚さんと過ごしたですが、正体を知られてはそれもかないません。私は今晩を最後にここを出ていきます」と言いました。
三毛猫が話したことに驚いていた和尚さんでしたが、話を聞いて涙がこぼれてきました。
和尚さんは「化けネコでもいいから、どうかいつまでもここにいておくれ」と言いました。
でも、三毛猫は別れなくてはならないからと寺を出て行きました。

子どものように思っていた三毛猫がいなくなっては、和尚さんは何をする気もなれませんでした。
それから十日ほど経った後、村の長者が亡くなり、葬式を出すことになりました。
ところが、お葬式を始めようとすると大雨が降ってきてお葬式が出来ません。
日程を変えても、嵐になったり、雷がなったりしてお葬式が出来ませんでした。
明日こそはと思っていても、その日の夜からどしゃぶりの雨が降っていました。
「もうお葬式をのばすことはできないし・・・」と困り果てていました。

和尚さんがしょんぼりを座っていると三毛猫が現れました。
和尚さんは「帰ってきてくれないのか?」尋ねました。
三毛猫は「和尚さん、私がきたのは長い間可愛がってくれたお礼をしたいからです。」この間、長者が亡くなったのはご存知でしょう。ところがいまだに葬式が出せなくて困っています。
和尚さんがそのお寺に行って「わしに葬式を出させてくれ。必ず雨を止ませるから』と言うのです。」と言って三毛猫はどこかへ行ってしまいました。
和尚さんは「貧乏寺の和尚が行って、必ず雨を止ませるなんて」と思っていました。
和尚さんは、長者の屋敷に行くのを迷いましたが、三毛猫の言葉を信じて出かけて行きました。
また今日もお葬式を出すことはできないと家族と親せきは困っていました。
和尚さんは思い切って、「わしに葬式をさせてくれ。雨は止めさせるから」と言いました。
家族や親せきの人たちは、立派なお坊さんでも葬式が出せないのに貧乏寺の和尚さんに何ができるのかと思っていましたが、葬式を早く済ませたいので、「やってみてくれ」と家族と親せきたちは言いました。

和尚さんは、お棺の前に座り、ゆっくりとお経を読み始めました。
するとどうでしょう。さっきまでの大雨が突然止んで、たちまち太陽が顔をのぞかせてきたのです。
家族と親せきは大喜びでした。長者のお葬式を無事に終わることができました。
家族と親せきは和尚さんにたっぷりとお礼をしました。
この話は遠くまで伝わっていき、大きな葬式には必ず和尚さんは呼ばれるようになっていきました。
貧乏寺は、立派な寺へ建て直され、小僧もたくさん増えて、和尚さんは幸せに一生を送ったということです。

三毛猫のおかげで、和尚さんは、幸せをつかむことができましたね。
愛情をもって育てた和尚さんの思いが十二分に三毛猫に伝わっていたのでしょう。

スポンサーリンク

25日のLuckyナンバーの意味

25日のLuckyナンバー

ラッキーナンバー

Luckyナンバーとは、琉球(りゅうきゅう)風水から導き出されたものです。
ある女性琉球風水師の方が、琉球風水とは自然と調和した心地よい空間を作るための環境学と唱えていました。

琉球(りゅうきゅう)風水から導きだされた25日生まれのLuckyナンバーは『17』です。

だれにでも、わけへだてなく優しさを与えることができるタイプです。面倒見が良いので誰かでも慕われるでしょう。注意すべき点は、自分を二の次にしてしまうため、ストレスが蓄積してしまう事です。ラッキーナンバー『17』は、状況を見極める力と判断力をサポートしてくれます。本当にあなたの優しさを必要としている人にあなたの愛を与えてる事ができるようになってきます。

4月25日のお花と花言葉

4月25日のお花と花言葉を4つご紹介します。
あなたが知っているお花と花言葉はあるでしょうか?

ブルーベル 花言葉⇒『謙遜』『変わらぬ心』

ブルーベル
ブルーベルは、うつむいた咲き方をするお花です。ブルーベルは、『謙遜』『変わらぬ心』という花言葉があります。この花言葉にある謙遜は、ブルーベルがうつむき加減に花を咲かせることに由来されています。

山吹(ヤマブキ) 花言葉⇒『気品』『崇高』『金運』

山吹(ヤマブキ)
山吹は、鮮やかな黄色のお花です。山吹は、『気品』『崇高』『金運』という花言葉があります。この花言葉にある金運は、谷底に落とした金貨が山吹の花になったということに由来すると言われています。

ストレリチア 花言葉⇒『気取った恋』『恋する伊達者』

ストレリチア
ストレリチアは、南国風の極彩色に彩られています。ストレリチアには、『気取った恋』『恋する伊達者』という花言葉があります。この花言葉は、エキゾチックな花姿を恋に浮かれる人にたとえたものであると言われています。

フクシア 花言葉⇒『つつましい愛』『信じる愛』『好み』

フクシア
フクシアは、紫の変わったお花です。フクシアは、『つつましい愛』『信じる愛』『好み』という花言葉があります。この花言葉にある好みは、女性の耳飾りの英名にちなんでいると言われています。

4月25日のカラーと天然石

4月25日のカラーと天然石・パワーストーンのご紹介です。
4月25日のカラーと4月、4月25日、星座・おうし座の天然石・パワーストーンを組み合わせる事で、あなたの守り神とも呼べるようなパワーをもらえる事もあるかもしれません。

4月25日のカラー

4月25日のカラーは、エルブです。

4月25日のカラーは、占いの一種ですが、ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がはじまりです。
4月25日のカラーはエルブです。グリーン色です。色言葉は、繊細、スポーツ、時間です。パーソナリティは、仕事に手ごたえを感じる挑戦者です。とても繊細な感性を持っているので、何をするにも意欲が旺盛です。時間の使い方がとても上手で、無駄に時間は使いません。

4月のパワーストーン

クリスタル
4月のパワーストーンはクリスタルです。世界で一番知名度のある水の精が宿る石です。柔らかく邪気を包み込む浄化力がある守護石です。

4月25日のパワーストーン

ラピスラズリ
ラピスラズリです。鮮やかな青の瑠璃色の守護石です。成功と財を築く意味があります。大きな壁ほどパワーが増すといわれています。古来、薬にも使われていたこともあり、物事の修復、癒しなどの意味も持ち合わせています。お守り代わりにでも、持ち歩いているときっと力になってくれることでしょう。

4月25日・おうし座のパワーストーン

カーネリアン
カーネリアン
クリソプレーズ
クリソプレーズ
翡翠(ヒスイ)
翡翠(ヒスイ)
ブルーレースアゲート
ブルーレースアゲート

おうし座のパワーストーンには、リラックスというキーワードも秘められています。ラピスラズリは、大きなことをやり遂げるには、とても力を発揮してくれるので、サプライズを考えている方には、とてもぴったりな組み合わせかもしれません。

  • カーネリアンは、積極性を高めて未来を創造する守護石です。達成したいことがある場合、迷いを振り切ってくれます。
  • クリソプレーズは、強運と勝利をもたらしてくれる守護石です。隠れた才能を引き出し、未来へとつなげてくれる効果も秘めています。
  • 翡翠は、仁・義・礼・智・信の5つの徳を備えた守護石です。意識を高め、人徳を与える効果があるといいます。護符にも適しています。
  • ブルーレースアゲートは、穏やかで平和なエネルギーで包んでくれると言われている守護石です。心の高ぶりを抑え、リラックスさせる効果があり、身につけることでお互いの気持ちが通じ合い、信頼感を高めることができるでしょう。

4月25日に誕生した芸能人・有名人

4月25日に誕生した芸能人・有名人をご紹介します。
あなたの知っている芸能人・有名人はいるでしょうか?

職 業 氏 名
1963年 声優 池本小百合
1967年 歌手 児島未散
1970年 女優 鶴田真由
1980年 俳優 郷本直也
1980年 声優 森永理科
1982年 タレント 田中聡美
1985年 俳優 伊藤 毅

まとめ

いかがでしたか?
4月25日に起きていた数々のエピソートをご紹介してきました。
あなたはいくつ知っていましたか?

4月25日のLuckyナンバー「17」、ブルーベル・山吹・ストレリチア・フクシアの4つの花と花言葉、カラー「エルブ」、4月、4月25日、星座・おうし座のパワーストーンを身につけることで、あなたの守護として守ってくれるでしょう。

4月25日は、一年に一度の大切な日です。
あなたにとって幸せな1日になりますように。

スポンサーリンク
この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう