6月15日はこんな日です!

出来事と昔話

  • 暑中見舞いの日
  • 信用金庫の日
  • 千葉県民の日
  • 泥棒撃退お経

Luckyナンバーと花言葉

  • 『32』
  • カーネーション
  • カンパニュラ
  • ベロニカ
  • 立葵

カラーと天然石

  • ライトアプリコット
  • 6月の天然石
  • 6月15日の天然石
  • ふたご座の天然石

有名人・芸能人

     

  • 伊東四朗
  • 細川たかし
  • 岩崎良美
  • など

6月15日の今日は、いったいどんな日なのでしょうか?
この日にどんな事が起きていたのか、あなたはいくつ知っていますか?
過去の6月15日の歴史に迫ってみましょう!

フクちゃんフクちゃん

6月15日にまつわる様々な事柄を一緒に見ていきましょう。
きっと、6月15日という日をもっともっと好きになるでしょう!

スポンサーリンク

6月15日の出来事

6月15日にどんな出来事が起こっていたのでしょうか?
今でも受け継がれてきた歴史を見ていきましょう。

暑中見舞いの日

1950年、暑中見舞いはがきが初めて発売されました。暑中見舞いは、季節の挨拶状のひとつです。挨拶状出していますか?

信用金庫の日

全国信用金庫協会が制定しました。1951年には、信用金庫法が公布されました。信用金庫にお世話になっている方はどのくらいいるでしょうか?

千葉県民の日

千葉県が1984年に、人口が500万人を突破したことを記念して制定しました。県民一人ひとりが郷土への理解と関心を高めふるさとを愛する心を育むことを願う日でもあります。千葉県の方々は、この日に感謝しましょう。

栃木県民の日

栃木県が1986年に制定しました。栃木県と宇都宮県が合併して、栃木県がほぼ現在の形になりました。栃木県の方々は、この日に感謝をしましょう。

6月15日にまつわる昔話

山の中に住んでいたおばあさんはお経をというものを知りませんでした。
そして道に迷ったお坊さんにお経を尋ねるとあるお経をそのおばあさんに教えることになります。
そのお経は意外にも役に立ちました。
どんなお経だったのでしょうか?
昔話を見てみましょう。

ネズミ経

6月15日にまつわる昔話
出典:http://hukumusume.com/
昔々、ある山の中に一人のおばあさんが住んでいました。
このおばあさんは、大変仏さまを大事にしていたので、毎晩、仏壇前で手を合わせていましたが、お経の言葉を全く知らなかったのです。
そこに、道に迷ったというお坊さんがやってきました。
お坊さんは「道に迷って困っています。一晩、泊めて頂けませんか?」と言いました。

おばあさんは、親切におもてなしをしました。
おばあさんは、お坊さんにお経の言葉を教えてくださいとお願いしました。
ところが、このお坊さんはなまけ者で、お経の言葉を知らなかったのです。
お坊さんなのに、お経を知りませんとは言えなかったので、仏壇の前に座ってみせて、なんと言おうかと考えこんでいました。
すると、目の前の壁の穴からネズミが一匹顔を出してきました。
その光景をみたお坊さんは「♪ネズミが一匹、顔出したあー」とお経の節をつけて言うと、二匹のネズミが穴から顔だしたので、「♪今度は二匹、顔出したあー」と言いました。
三匹のネズミが穴から顔を出して、こちらを見ていました。
大きな声で言ったので三匹のネズミはビックリして穴から逃げ出してしまいました。
「♪それからみーんな、逃げ出したあー」と言って、鐘を鳴らしました。
そして、お坊さんは、「お経は、これでおしまいです。少し変わったお経ですが、大変ありがたいお経です。毎日、今のように言えばいいのです」と最もらしいことを言ったのです。
おばあさんは毎日喜んでお経をあげました。

ある晩のこと、三人の泥棒が、こっそりとおばあさんの家に忍び込みました。
その時、おばあさんが仏だんの前でお経をあげている時でした。
一人の泥棒が、おばあさんが何をしているのかと様子を見ようと、顔を出すと、おばあさんは、「♪ネズミが一匹、顔出したあー」と大声で言いました。
一人目の泥棒は、「おれの事を言ってるのかな?」とブツブツ、言ってました。
二人目の泥棒は、「何をブツブツ、言ってるんだい?」と顔を出すと、おばあさんは、「♪ネズミが二匹、顔出したあー」と大声で言いました。
二人の泥棒は、「おれたちの事を言ってるみたいだぞ」と口々に言いました。
三人目の泥棒が「どれどれ」三人目の泥棒が顔を出すと、おばあさんは、「♪次には三匹、顔出したあー」と大声で言いました。
三人の泥棒は、「あのおばあさん、後ろに目がついているんだ。こわい、こわい」と急いで逃げ出してしまいました。
泥棒に入られたことも知らないおばあさんは、「♪それからみーんな、逃げ出したあー」と、大声で言い、鐘を鳴らして仏だんに手を合わせました。

でたらめなお経が役にたつこともあるんですね。
タイミングよく泥棒を三人も一人で撃退することができたので、おばあさんにとってはこれが真のお経かもしれませんね。

スポンサーリンク

15日のLuckyナンバーの意味

15日のLuckyナンバー

ラッキーナンバー

Luckyナンバーとは、琉球(りゅうきゅう)風水から導き出されたものです。
ある女性琉球風水師の方が、琉球風水とは自然と調和した心地よい空間を作るための環境学と唱えていました。

琉球(りゅうきゅう)風水から導きだされた15日生まれのLuckyナンバーは『32』です。

生まれながらのラッキー体質を持つタイプです。外見的にもチャーミングで魅力的です。努力をしていなくても、なぜかチャンスが来たり、よきしていない臨時に収入も入ったりするラッキーが多いのではないしょうか?それは、あなたの真っ白なその愛情の深さによるものです。注意すべき点は、自分を過信し計算して行動するようになると物事が滞り生まれ持ったラッキー体質の力も発揮できなくなってしまいます。あなたのラッキーナンバー『32』は、幸運を運んでくれるという数字です。このナンバーをうまく使ってあなたの力をよりよき方向へ誘いましょう。

6月15日のお花と花言葉

6月15日のお花と花言葉を4つご紹介します。
あなたが知っているお花と花言葉はあるでしょうか?

カーネーション 花言葉⇒『無垢で深い愛』『無垢で深い愛』『母への愛』『私の愛は生きています』

カーネーション
カーネーションは、母の日によく送られるお花の定番ですが、カーネーションの花言葉は、母の日に由来されているようです。

カンパニュラ 花言葉⇒『感謝』『誠実』『節操』

カンパニュラ
カンパニュラは、青く変わったお花です。カンパニュラは、『感謝』『誠実』『節操』という花言葉があります。この花言葉は、花の形を教会の鐘になぞらえ、教会での教えに由来すると言われています。

ベロニカ 花言葉⇒『忠実』『名誉』

ベロニカ
ベロニカは紫色のお花です。ベロニカは、『忠実』『名誉』という花言葉があります。この花言葉は、聖女ベロニカが十字架を背負ってゴルゴタの丘へ向かうキリストの汗をぬぐったところ、その布にキリストの顔があらわれたといいます。このことが由来になっていると言われています。

立葵(タチアオイ) 花言葉⇒『大望』『野心』『豊かな実り』『気高く威厳に満ちた美』

立葵(タチアオイ)
立葵は、美しいお花です。立葵は、『大望』『野心』『豊かな実り』『気高く威厳に満ちた美』という花言葉があります。この花言葉にある大望、野心、豊かな実りは、立葵に多くの実が生じることに由来するとも言われています。

6月15日のカラーと天然石

6月15日のカラーと天然石・パワーストーンのご紹介です。
6月15日のカラーと6月、6月15日、星座・ふたご座の天然石・パワーストーンを組み合わせる事で、あなたの守り神とも呼べるようなパワーをもらえる事もあるかもしれません。

6月15日のカラー

6月15日のカラーは、ライトアプリコットです。

6月15日のカラーは、占いの一種ですが、ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がはじまりです。
6月15日のカラーはライトアプリコットです。柔らかい赤系の色です。色言葉は、我慢強さ、猪突猛進です。パーソナリティは、徹底した誠実ぶりが長所の人です。我慢強く誠実な人ですが、知りたいことや理解ことがあると首をつっこみたがるクセがあります。しかし、論理的な話しぶりに誰もが驚くほどです。

6月のパワーストーン

ムーンストーン
6月のパワーストーンはムーンストーンです。
月を象徴する守護石です。成功のチャンスを掴みたい時や新しい何かを始める時に、人生を正しい方向へと導いてくれます。月の回転が安定していることから、精神のバランスを保ってくれます。

6月15日のパワーストーン

アメトリン
6月15日のパワーストーンはアメトリンです。
黄色のシトリンと紫のアメジスト合わさった綺麗な守護石です。物事のバランスを整えてくれるパワーが強いので、仕事とプライベート、育児と家事などバランスを計りたい時、身に着けるとパワーがもらえてスムーズに物事から進むかもしれません。

6月15日・ふたご座のパワーストーン

クリソコラ
クリソコラ
翡翠(ヒスイ)
翡翠(ヒスイ)
ブラックトルマリン
ブラックトルマリン
ブルーレースアゲート
ブルーレースアゲート

ふたご座のパワーストーンには、コミュニケーションというキーワードも秘められています。守護石・アメトリンの力もかりながら、誰も気がつかないような良いバランスの取り方が手に入ることもであるかもしれません。

  • クリソコラは、豊かな愛情と美的感覚を与える守護石です。地球との絆を感じさせてくれ、広く豊かな愛情をはぐくみながら精神に調和をもたらしてくれます。
  • 翡翠は、仁・義・礼・智・信の5つの徳を備えた守護石です。意識を高め、人徳を与える効果があるといいます。護符にも適しています。
  • ブラックトルマリンは、最もマイナスイオンを放ち、強力なパワーを持つと言われている守護石です。過度な疲労やストレスを軽減してくれ、先の見えない苦しみや不安を乗り越え、希望の光へと導いてくれます。
  • ブルーレースアゲートは、穏やかで平和なエネルギーで包んでくれると言われている守護石です。心の高ぶりを抑え、リラックスさせる効果があり、身につけることでお互いの気持ちが通じ合い、信頼感を高めることができるでしょう。

6月15日に誕生した芸能人・有名人

6月15日に誕生した芸能人・有名人をご紹介します。
あなたの知っている芸能人・有名人はいるでしょうか?

職 業 氏 名
1937年 タレント 伊東四朗
1950年 歌手 細川たかし
1961年 歌手 岩崎良美
1973年 女優 鰐淵理沙
1976年 女優 枝元萌
1989年 タレント 今野杏南
1994年 声優 日高里菜

まとめ

いかがでしたか?
6月15日に起きていた数々のエピソードをご紹介してきました。
あなたはいくつ知っていましたか?

6月15日のLuckyナンバー「32」、カーネーション・カンパニュラ・ベロニカ・立葵の4つの花と花言葉、カラー「ライトアプリコット」、6月、6月15日、星座・ふたご座のパワーストーンを身につけることで、あなたの守護として守ってくれるでしょう。

6月15日は、一年に一度の大切な日です。
あなたにとって幸せな1日になりますように。

スポンサーリンク
この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう