7月6日はこんな日です!

出来事と昔話

  • ゼロ戦の日
  • 公認会計士の日
  • ピアノの日
  • 濡髪童子の悟り

Luckyナンバーと花言葉

  • 『23』
  • ヒマワリ
  • アサガオ
  • ツユクサ
  • 時計草

カラーと天然石

  • 新橋色
  • 7月の天然石
  • 7月6日の天然石
  • かに座の天然石

有名人・芸能人

  • 瀬川瑛子
  • とよた真帆
  • 吉田秀一
  • など

7月6日の今日は、いったいどんな日なのでしょうか?
この日にどんな事が起きていたのか、あなたはいくつ知っていますか?
過去の7月6日の歴史に迫ってみましょう!

フクちゃんフクちゃん

7月6日にまつわる様々な事柄を一緒に見ていきましょう。
きっと、7月6日という日をもっともっと好きになるでしょう!

スポンサーリンク

7月6日の出来事

7月6日にどんな出来事が起こっていたのでしょうか?
今でも受け継がれてきた歴史を見ていきましょう。

ゼロ戦の日

零式艦上戦闘機、いわゆるゼロ戦の試作器による試験飛行が始まったのが1939年です。ゼロ戦は「小回りが利き、飛行距離の長い戦闘機を」という海軍の要求で堀越二郎が設計しました。

公認会計士の日

日本公認会計士協会が1991年に制定しました。公認会計士は、財産目録・貸借対照表・損益計算書書その他財務書類の監査・証明をしています。プロに任せれば大丈夫ですね。

ピアノの日

シーボルトが初めて日本にピアノを持ち込みました。ピアニストがどんどん出てきましたね。

サラダ記念日

歌人の俵万智さんが1987(昭和62)年に出した歌集『サラダ記念日』(河出書房新社)の中の一首この味がいいねと君が言ったから 七月六日はサラダ記念日から。この歌集がきっかけで短歌ブームがおき、また、「記念日」という言葉を一般に定着させました。このリズムが素敵ですね。

7月6日にまつわる昔話

仕事ができる人というのは、最後まで抜け目のない仕事をするものです。
この左甚五郎が置いたかさのおかげである祠が建てられました。
なぜ、祠がたつことになったのでしょうか?
昔話を見てみましょう。

左甚五郎の忘れ傘

7月6日にまつわる昔話
昔々、日本一の名工と名高い左甚五郎が、京都の知恩院というお寺の本堂を完成させた時のことです。
あまりの見事さに本堂を見た都の人たちが、「あまりにも完全すぎると、神さまが嫉妬して、不幸を起こすと言うぞ」という噂をしていました。
この言い伝えを知っていた左甚五郎は、この仕事がまだ不完全であるかのように見せかけるために、お堂の屋根の瓦を二枚、わざとつけなかったのです。
自分が使っている唐傘を、わざと本堂のわきに置いて帰りました。

本堂が完成してから、数日か経ち偉いお坊さんの話を聞く会がも行なわれました。
あいにくの大雨でしたが、雨の中をやって来た一人の子どもが熱心に話を聞いていました。
偉いお坊さんは、その子どもを見て「まだ小さいのに、なかなか信心深い子だ」と感心していました。
お坊さんの話は終わりましたが、雨は止む気配がありません。

本堂から出ていこうとする子どもに「この大雨では、風邪を引いてしまう。この傘を、持って行きなさい」と立てかけてあった甚五郎の唐傘を、子どもに差し出しました。
すると、子どもは礼儀正しく頭を下げた後に「わたしは、この本堂が建つ前からここの草むらに住んでいた、濡髪童子という白ギツネです。住み慣れた家を奪われて、うらんでいましたが、お坊さまのお話を聞いて心を入れ替える事にしました。うらみは忘れて、これからはこのお寺をお守りします」と言ったのです。
それを聞いたお坊さんはびっくりしましたが、白ギツネに「ありがとう。それならここに祠を建てて、そなたの住む所をつくってやろう」言いました。
白ギツネは、うなづき傘を借りて大雨の中を帰っていきました。

翌日、お坊さんが、本堂から出てくると昨日貸した甚五郎の唐傘がちゃんと置いてありました。
お坊さんは白ギツネとの約束通り、お寺の境内に小さな祠を建てて、濡髪堂と名づけました。
左甚五郎の忘れ傘は、長い年月に紙が腐って骨だけになってしまいましたが、今でも知恩院の本堂に置いてあるそうです。

左甚五郎の忘れ傘は、持ち主と同じくらい活躍しましたね。
でも、このお坊さん、キツネの思いをしっかりと受け止めて祠を作ってあげると、とても優しい本当に偉いお坊さんですね。

スポンサーリンク

6日のLuckyナンバーの意味

6日のLuckyナンバー

ラッキーナンバー

Luckyナンバーとは、琉球(りゅうきゅう)風水から導き出されたものです。
ある女性琉球風水師の方が、琉球風水とは自然と調和した心地よい空間を作るための環境学と唱えていました。

琉球(りゅうきゅう)風水から導きだされた6日生まれのLuckyナンバーは『23』です。

深い愛情と優しさでまわりを包みこめるタイプです。無償の愛で、動物や植物に関しても思いやりの心で接する事ができるので慈悲深いのかもしれません。あなたのラッキーナンバー『23』ひらめき力、インスピレーション力を大切にする事で、今まで以上に幸運を引き寄せる力がさらに強まっていくことでしょう。

7月6日のお花と花言葉

7月6日のお花と花言葉を4つご紹介します。
あなたが知っているお花と花言葉はあるでしょうか?

ヒマワリ 花言葉⇒『私はあなただけを見つめる』『愛慕』『崇拝』

ヒマワリ
ヒマワリはとても大きなお花です。ヒマワリは、『私はあなただけを見つめる』『愛慕』『崇拝』という花言葉があります。この花言葉にある私はあなただけを見つめるは、太陽の方向を追うように動く性質に由来すると言われています。

アサガオ 花言葉⇒『はかない恋』『固い絆』『愛情』

アサガオ
アサガオはきれいなお花です。アサガオは、『はかない恋』『固い絆』『愛情』という花言葉があります。この花言葉にあるはかない恋は、朝咲いて午後にはしぼんでしまう短い命の花であることに由来すると言われています。

ツユクサ 花言葉⇒『なつかしい関係』

ツユクサ
ツユクサは、青いお花です。ツユクサは、『なつかしい関係』という花言葉があります。この花言葉は、この植物の学名のもとになった伯父と甥のコメリンが二人ともアムステルダム薬草園の園長だったことに由来すると言われています。

時計草(トケイソウ) 花言葉⇒『聖なる愛』『信仰』『宗教的熱情』

時計草(トケイソウ)
時計草は特徴的な形で時計のようなお花です。時計草は、『聖なる愛』『信仰』『宗教的熱情』という花言葉があります。この花言葉は、キリストの処刑を象徴する花とされたことに由来すると言われています。

7月6日のカラーと天然石

7月6日のカラーと天然石・パワーストーンのご紹介です。
7月6日のカラーと7月、7月6日、星座・かに座の天然石・パワーストーンを組み合わせる事で、あなたの守り神とも呼べるようなパワーをもらえる事もあるかもしれません。

7月6日のカラー

7月6日のカラーは、新橋色(しんばしいろ)です。

7月6日のカラーは、占いの一種ですが、ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がはじまりです。
7月6日のカラーは新橋色です。ターコイズの青みがかった色です。色言葉は、状況判断、決定力、信念です。パーソナリティは、前向きで仕事も生活も楽しめる人です。感受性が豊かな分、分析力、理解力、直観力などさまざまな力を合わせもっています。落ち着いているので、心が乱れることはありません。いつも、前向きな思考でいられるために生活を楽しむことができます。

7月のパワーストーン

ルビー
7月のパワーストーンはルビーです。
夢を強力にかなえる守護石です。負けられない勝利がかかっている時、何か達成する時、努力する人を最後まで応援してくれます。

7月6日のパワーストーン

アメトリン
7月6日のパワーストーンはアメトリンです。
黄色のシトリンと紫のアメジスト合わさった綺麗な守護石です。物事のバランスを整えてくれるパワーが強いので、仕事とプライベート、育児と家事などバランスを計りたい時、身に着けるとパワーがもらえてスムーズに物事から進むかもしれません。

7月6日・かに座のパワーストーン

シーブルーカルセドニー
シーブルーカルセドニー
ブルームーンストーン
ブルームーンストーン
ホワイトオパール
ホワイトオパール
ルビー
ルビー

かに座のパワーストーンには、ファミリーというキーワードも秘められています。守護石・アメトリンの力もかりながら、誰も気がつかないような良いバランスの取り方が手に入ることもであるかもしれません。

  • シーブルーカルセドニーは、コミュニケーション力を高めてくれる綺麗なスカイブルーの守護石です。優しい気持ちで人と接することができるようにサポートしてくれるかもしれません。
  • ブルームーンストーンは、恋人との愛を深める月を宿した守護石です。優しく大きな愛情をはぐくみ、未来への予知能力をもたらし大切な人の危険を察知して避けるサポートしてくれます。
  • ホワイトオパールは、美しさと才能を引き出す守護石です。無限の可能性を秘めていると言われており、否定的な気持ちを消しさし、幸福へと導いてくれます。
  • ルビーは、愛と勝利をもたらす情熱的な守護石です。困難に打ち勝つパワーがあります。

7月6日に誕生した芸能人・有名人

7月6日に誕生した芸能人・有名人をご紹介します。
あなたの知っている芸能人・有名人はいるでしょうか?

職 業 氏 名
1948年 歌手 瀬川瑛子
1967年 女優 とよた真帆
1975年 タレント 吉田秀一
1978年 タレント 塩村文夏
1979年 俳優 井上芳雄
1989年 モデル 神地奈津子
1993年 声優 北川里奈

まとめ

いかがでしたか?
7月6日に起きていた数々のエピソードをご紹介してきました。
あなたはいくつ知っていましたか?

7月6日のLuckyナンバー「23」、ヒマワリ・アサガオ・ツユクサ・時計草の4つの花と花言葉、カラー「新橋色」、7月、7月6日、星座・かに座のパワーストーンを身につけることで、あなたの守護として守ってくれるでしょう。

7月6日は、一年に一度の大切な日です。
あなたにとって幸せな1日になりますように。

スポンサーリンク
この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう