6月26日はこんな日です!

出来事と昔話

  • 雷記念日
  • 国連憲章調印記念日
  • 露天風呂の日
  • 石の裁き

Luckyナンバーと花言葉

  • 『8』
  • ペンタス
  • ガザニア
  • ライラック
  • 都ワスレ

カラーと天然石

  • カーネーションピンク
  • 6月の天然石
  • 6月26日の天然石
  • かに座の天然石

有名人・芸能人

  • 藍田真潮
  • 道端カレン
  • 福原一哉
  • など

6月26日の今日は、いったいどんな日なのでしょうか?
この日にどんな事が起きていたのか、あなたはいくつ知っていますか?
過去の6月26日の歴史に迫ってみましょう!

フクちゃんフクちゃん

6月26日にまつわる様々な事柄を一緒に見ていきましょう。
きっと、6月26日という日をもっともっと好きになるでしょう!

スポンサーリンク

6月26日の出来事

6月26日にどんな出来事が起こっていたのでしょうか?
今でも受け継がれてきた歴史を見ていきましょう。

雷記念日

930年、平安京の清涼殿に落雷があり、大納言の藤原清貴がなくなりました。このできごとは、太宰府に左遷された菅原道真のたたりであると、信じられたため道真の学者として名誉を回復し、学問の天神様として祭られるようになりました。たたりで落雷にあったら、恐怖ですね。

国連憲章調印記念日

日本国際連合協会が制定しました。1945年、「国連憲章」に50か国以上が調印し、国際連合の設立が決定しました。

露天風呂の日

岡山県湯原町うるおいあるまちづくり委員会が1987年に制定しました。「ろ(6)てんぶ(2)ろ(6)」の語呂合せです。露天風呂に行きましょう。

国土庁創設記念日

1974年、総理府(現・内閣府)の外局として国土庁が創設され、2001年に建設省等と合併し国土交通省となりました。国土の適切な利用を図ることを目的とし、地価対策、首都圏整備計画、各地方開発促進計画等を実施していました。豊かになってきたことが、このようなことからでもわかりますね。

6月26日にまつわる昔話

油売りがお金をとられてしまったと泣いているのを見た越前は、見物人を巻き込み華麗なお裁きを繰り広げます。
さて、それはどんなお裁きだったのでしょうか?
昔話を見てみましょう。

泥棒石

6月26日にまつわる昔話
昔々、江戸の町はずれで、一人の男が泣いているのを通りかかった名奉行で有名な大岡越前が気づきました。
越前は、「大の男が、一体何を泣いているのだ?」と声をかけました。
男は、「わたしは油売りでございますが、今日の売り上げ金の二百文をカゴの中に入れて、石の上で一休みしていました。いつの間にか、いねむりをしてしまって、目覚めた時には、売り上げ金がすっかり消えていたのでございます」と説明をしながら、又泣き出しました。

その話を聞いていた越前は、自分の手ぬぐいを油売りに差し出して言いました。
越前は、「ここで出会ったのも何かの縁。わたしが調べてあげよう。だから泣きやんで、油だらけの手と顔を拭きなさい」と言いました。
男は、「お客さまにも、よくおつりが油で汚れていると叱られています」と言いました。
越前は、「油で汚れたおつりをもらっても、気持ちの良い物ではないからな。一休みしていて売り上げ金を盗られた石と言うのは、その石か?」とたずねました。
すると越前は、腕組みをしたまましばらく考えていましたが、やがて男に言いました。
越前は、「売り上げ金を盗んだのは、この石に違いない。よし、さっそくこの石を裁きにかけよう」と行って、おつきの者に重い石を奉行所まで運ばせ、石泥棒の裁きを始めると町中にふれ回ったのです。

すると、それを聞きつけた村の人たちは、裁きをみようと集まってきました。
間もなく、石の裁判が始まりました。
越前は、石に向かって「そこの石よ、お前が油売りの金を盗んだであろう。正直に答えなさい」と言いましたが、石が返事をするはずはありません。
越前は、「どうした? 正直に白状して金を返せば、今回だけは大目に見てやるぞ」と続けました。
何も言わない石にむかって、越前は、「どうして何も言わない! この越前を馬鹿にするのか!」と石に真面目に取り調べをするので、見物人たちは、あきれて笑い出しました。
すると越前は、見物人たちに「裁き中に笑うとは何事だ! いま笑った者たちは、罰として三日間ろうやに入れる!」怖い顔で言いました。
見物人たちはびっくりして、「今後は絶対に笑ったりしません」と言いました。

越前は、「今回だけは許す事にしよう。しかしその代わり、罰金として一人十二文ずつ納めるのだ」と言いました。
そして、大きな器に水をいっぱい入れて持って来るように命じました。
そして、越前は、「この器の中に、罰金を投げ込むがよい。投げ込んだ者から順に、帰ってもよいぞ」と言い、見物人たちは罰金を入れる為に並ぶと、一人ずつ、その器の中にお金を投げ入れ始めていきました。

すると五人目の男が、お金を入れた時の事です。
水の上に、ギラギラと油が浮き上がったのです。それを見ていた越前が「この男が泥棒だ! すぐに捕まえろ!」叫びました。
五人目の男は、すぐさま逃げようとしましたが、すぐに捕まってしまいました。
捕まえた男を調べると、油の付いたお金がたくさん出てきました。
数えてみると、油の付いたお金は、器に投げ入れた分を合わせて、ちょうど二百文ありました。
なんと越前は、油売りの男から盗んだお金なら、必ず油が付いていると考えてこの作戦を思いついたのです。

五人目の男は、寝ていた油売りから売り上げ金を盗んだことを白状しました。 
越前は、油の付いた二百文を油売りに返すと、「油売りよ。盗まれた金は、これで全部戻ったな。もう悲しむ事はないぞ。それから、泥棒を見つける協力をしてくれた石に礼を言うのじゃぞ」と言いました。
油売りは越前と石に何度も頭を下げて、帰って行きました。
 
「これにて、一件落着!」
 
見物人を巻き込み、見事な名さばきでした。
逃げられない証拠を自らで出させるやり方は、素晴らしいやり方だと感じます。
誰の目にも明らかなので、不正はおきるはずがないこのさばきのやり方を今、人を裁く方々には、お願いしたいですね。

スポンサーリンク

26日のLuckyナンバーの意味

26日のLuckyナンバー

ラッキーナンバー

Luckyナンバーとは、琉球(りゅうきゅう)風水から導き出されたものです。
ある女性琉球風水師の方が、琉球風水とは自然と調和した心地よい空間を作るための環境学と唱えていました。

琉球(りゅうきゅう)風水から導きだされた26日生まれのLuckyナンバーは『8』です。

何でもスマートにこなせる能力があるタイプです。流行などにも敏感で多彩な才能を発揮できるでしょう。注意すべき点は、思った事をありのまま表現する事で、気分屋さんに見られてしまうこともあるでしょう。ラッキーナンバーは『8』は忍耐力や安定さをサポートしてくれます。『8』を意識する事で不思議と心が落ち着いてきます。

6月26日のお花と花言葉

6月26日のお花と花言葉を4つご紹介します。
あなたが知っているお花と花言葉はあるでしょうか?

ペンタス 花言葉⇒『希望がかなう』『願い事』

ペンタス
ペンタスは、ピンクの花お花です。ペンタスは、『希望がかなう』『願い事』という花言葉があります。この花言葉は、ペンタスの星のような姿から、星に願いをかける気持ちをあらわしているということに由来すると言われています。

ガザニア 花言葉⇒『あなたを誇りに思う』『きらびやか』『潔白』

ガザニア
ガザニアは、とても美しいお花です。ガザニアは、『あなたを誇りに思う』『きらびやか』『潔白』という花言葉があります。この花言葉にあるきらびやかは、華やかで輝くばかりに美しいその花姿にちなみます。

ライラック 花言葉⇒『思い出』『友情』『謙虚』

ライラック
ライラックは、とてもきれいなお花です。ライラックは、『思い出』『友情』『謙虚』という花言葉があります。この花言葉は、どれも友情を大切にするということに由来すると言われています。色によっては、悲しい物語があるものもあります。

都忘れ(ミヤコワスレ) 花言葉⇒『しばしの慰め』『別れ』

都忘れ(ミヤコワスレ)
都忘れは紫でダイナミックなお花です。都忘れは、『しばしの慰め』『別れ』という花言葉があります。この花言葉は、佐渡へ流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来すると言われています。

6月26日のカラーと天然石

6月26日のカラーと天然石・パワーストーンのご紹介です。
6月26日のカラーと6月、6月26日、星座・かに座の天然石・パワーストーンを組み合わせる事で、あなたの守り神とも呼べるようなパワーをもらえる事もあるかもしれません。

6月26日のカラー

6月26日のカラーは、カーネーションピンクです。

6月26日のカラーは、占いの一種ですが、ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がはじまりです。
6月26日のカラーはカーネーションピンクです。色言葉は、人なつこさ、崇高です。パーソナリティは、好意的で人に親しまれる永遠の恋人です。人が大好きでおおらかな人柄です。プラトニックな恋愛にあこがれを抱きます。周囲の人に慕われており、信頼もされます。

6月のパワーストーン

ムーンストーン
6月のパワーストーンはムーンストーンです。
月を象徴する守護石です。成功のチャンスを掴みたい時や新しい何かを始める時に、人生を正しい方向へと導いてくれます。月の回転が安定していることから、精神のバランスを保ってくれます。

6月26日のパワーストーン

ルチルクォーツ
6月26日のパワーストーンはルチルクォーツです。
太陽を象徴する守護石です。明るく未来を照らし幸運へと導いてくれるパワーもあります。身につけているだけで魅力的になり、能力もアップしてくるかもしれません。

6月26日・かに座のパワーストーン

イエローメロウ
イエローメロウ
シーブルーカルセドニー
シーブルーカルセドニー
ブルーレースアゲート
ブルーレースアゲート
ホワイトオパール
ホワイトオパール

かに座のパワーストーンには、ファミリーというキーワードも秘められています。誰にも言えない事を一人で頑張っていたとしても、ルチルクォーツのパワーを重ね合わせることで、明るい未来への光が差し込んでくるかもしれません。

  • イエローメロウは、エネルギーを強化してくれる守護石です。自信をもちたい時、達成したい目標がある時にパワーを借りて、頑張る力に変えることもできます。
  • シーブルーカルセドニーは、コミュニケーション力を高めてくれる綺麗なスカイブルーの守護石です。優しい気持ちで人と接することができるようにサポートしてくれるかもしれません。
  • ブルーレースアゲートは、穏やかで平和なエネルギーで包んでくれると言われている守護石です。心の高ぶりを抑え、リラックスさせる効果があり、身につけることでお互いの気持ちが通じ合い、信頼感を高めることができるでしょう。
  • ホワイトオパールは、美しさと才能を引き出す守護石です。無限の可能性を秘めていると言われており、否定的な気持ちを消しさし、幸福へと導いてくれます。

6月26日に誕生した芸能人・有名人

6月26日に誕生した芸能人・有名人をご紹介します。
あなたの知っている芸能人・有名人はいるでしょうか?

職 業 氏 名
1976年 タレント 藍田真潮
1979年 モデル 道端カレン
1982年 タレント 福原一哉
1984年 歌手 多和田えみ
1987年 俳優 蔦宗正人
1989年 声優 初原千絵
1991年 声優 花江夏樹

まとめ

いかがでしたか?
6月26日に起きていた数々のエピソードをご紹介してきました。
あなたはいくつ知っていましたか?

6月26日のLuckyナンバー「8」、ペンタス・ガザニア・ライラック・都ワスレの4つの花と花言葉、カラー「カーネーションピンク」、6月、6月26日、星座・かに座のパワーストーンを身につけることで、あなたの守護として守ってくれるでしょう。

6月26日は、一年に一度の大切な日です。
あなたにとって幸せな1日になりますように。

スポンサーリンク
この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう