6月6日はこんな日です!

出来事と昔話

  • かえるの日
  • おけいこの日
  • 楽器の日
  • あべこべ返し

Luckyナンバーと花言葉

  • 『23』
  • ペンステモン
  • アヤメ
  • ジギタリス
  • シャスタ・デイジー

カラーと天然石

  • メロンイエロー
  • 6月の天然石
  • 6月6日の天然石
  • ふたご座の天然石

有名人・芸能人

  • 中尾ミエ
  • 緒方恵美
  • 吉田古奈美
  • など

6月6日の今日は、いったいどんな日なのでしょうか?
この日にどんな事が起きていたのか、あなたはいくつ知っていますか?
過去の6月6日の歴史に迫ってみましょう!

フクちゃんフクちゃん

6月6日にまつわる様々な事柄を一緒に見ていきましょう。
きっと、6月6日という日をもっともっと好きになるでしょう!

スポンサーリンク

6月6日の出来事

6月6日にどんな出来事が起こっていたのでしょうか?
今でも受け継がれてきた歴史を見ていきましょう。

かえるの日

かえるの鳴き声「けろ(6)けろ(6)」の語呂合わせから、「かえるの友の会」の会員である作家の矢島さらさんがが1998年に提唱しました。かえるのうたを歌う日にしてもいいですね。

おけいこの日

昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていたので記念日にしました。

楽器の日

全国楽器協会が制定しました。昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから、記念日にしました。オーケストラを鑑賞してもいいですね。

飲み水の日

東京都薬剤師会公衆衛生委員会が1990年に制定しました。「薬だけでなく健康に関わり合いのあるものに貢献して行くのが薬剤師の仕事」として、東京の水道水の水源である利根川等の水質検査を行っています。飲み水が安全なのはこのような検査実績によるものでしょう。

6月6日にまつわる昔話

平助といううそつき名人がいましたが、吉四六さんには通じません。
そこで、平助はあることで吉四六さんをだませたと大喜びでした。
しかし、当の吉四六さんはニコニコしていました。
それは何故でしょうか?
昔話を見てみましょう。

たごかつぎ

6月6日にまつわる昔話
昔々、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
吉四六さんの住んでいた村には、平助といううそつき名人が住んでいました。
この平助は、人の困った顔を見るのが大好きで、そのためにはどんな努力する人でした。
村の人たちは、二度や三度はだまされていますが、吉四六さんだけはだますことができませんでした。
平助は、いつか吉四六さんをだましてやろうと思っていました。

ある年のこと、吉四六さんが大切に育ててきたメス馬・青が子どもを妊娠しました。
子どもが生まれる月になると朝から青の様子に変化がおきていました。
吉四六さんは、いよいよだと思って喜んでいました。
しかし、今日は町へ行って下肥をくみに行く日でした。
吉四六さんは、メス馬の青の事を奥さんに頼んで町へ出かけることにしました。

吉四六さんが大急ぎで肥をくみ、重たいたごをかついで歩いていると、町へ買い物に行く平助とばったり出会いました。
平助は、吉四六さんをだますうそを思いつきました。
平助は、「そんな事より、大変だ! お前の青が子を産みかかったが、とても難産で親も子も死にそうなんだそうだ」と言ったのです。
吉四六さんはたごをかついだまま、顔色を変えてすぐさま家に帰ろうとしましたが、急に立ち止まると言いました。
「すっかり忘れていた。馬のお産だったら、何も心配はないはずだ。実はおれの家には、庄屋さんからもらった馬の薬があって、どんな難産でも、それを一服飲ませるとすぐに子馬が産まれるという妙薬だ。かみさんに頼んでおいたから、今頃はもう無事に産まれているに違いない」と言いました。

平助は、「みんな騒ぎしていたぞ。奥さんがその薬の置き場所を忘れたのかもしれない」って言いました。
吉四六さんは、平助にたごは頼むと駆け出していきました。
それを見た平助は大笑いです。
楽しくて仕方ありません。
平助は「青に何の変わりがないのを見て、さぞくやしがるな。たごを頼まれたのは計算違いだったが・・・。はやく行って、吉四六さんのくやしがる顔でも見てやるか」と、大急ぎで吉四六さんの家に向かいました。

しばらく歩いていくと、村の庄屋さんが、向こうからやって来ました。
平助は、庄屋さんに「いま、吉四六さんに会いませんでしたか? おれにだまされて、あわてて帰ったはずですが」と自慢気に言いました。
庄屋さんは、何かがわかったかのように「なるほど」と言って納得した顔をしていました。
庄屋さんは、「吉四六さんなら、にこにこして歩いていたよ。そして、おれに『平助は、思ったよりも馬鹿な奴だ』と言っていた」と言いました。
庄屋さんは、「平助、吉四六さんに馬の妙薬の話を聞かなかったかい?」と尋ねました。
平助は、「庄屋さまにもらった、その薬が見つからぬと言って、おどろかしてやったのですが」と答えました。
庄屋さんは、大笑いしながら「平助、お前うまくかつがれたな。妙薬なんかないんだよ。全部、吉四六さんの作り話さ。吉四六さんは、わざとあわてたふりをして、お前にたごをかつがせたんだよ。お前があんまり人をかつぎたがるからな。さすがのお前も吉四六さんにはかなわないな。」と言いました。
がっかりした平助は仕方なく、重たいたごをかついで村へ帰りました。

人をだまそうと思っていると、はるかにとんちに優れた吉四六さんにしてやられたという感じでしょうか?
人の困った顔を見るのが大好きなんて、あとで痛い目をみることでしょう。

スポンサーリンク

6日のLuckyナンバーの意味

6日のLuckyナンバー

ラッキーナンバー

Luckyナンバーとは、琉球(りゅうきゅう)風水から導き出されたものです。
ある女性琉球風水師の方が、琉球風水とは自然と調和した心地よい空間を作るための環境学と唱えていました。

琉球(りゅうきゅう)風水から導きだされた6日生まれのLuckyナンバーは『23』です。

深い愛情と優しさでまわりを包みこめるタイプです。無償の愛で、動物や植物に関しても思いやりの心で接する事ができるので慈悲深いのかもしれません。あなたのラッキーナンバー『23』ひらめき力、インスピレーション力を大切にする事で、今まで以上に幸運を引き寄せる力がさらに強まっていくことでしょう。

6月6日のお花と花言葉

6月6日のお花と花言葉を4つご紹介します。
あなたが知っているお花と花言葉はあるでしょうか?

ペンステモン花言葉⇒『あなたに見とれています』

ペンステモン
ペンステモンは群がって咲くお花です。ペンステモンは、『あなたに見とれています』という花言葉があります。この花言葉は、その美しい花姿に由来すると言われています。

アヤメ 花言葉⇒『よい便り』『メッセージ』『希望』

アヤメ
アヤメは、可愛らしいお花です。アヤメは、『よい便り』『メッセージ』『希望』という花言葉があります。この花言葉にあるよい便り、メッセージは、ギリシア神話で神々の王ゼウスの求愛に困った侍女のイリスは、ゼウスの妻ヘラに頼んで虹を渡る女神へ姿を変えてもらい、神々の使者となりました。虹を渡って届けられる便りに由来すると言われています。

ジギタリス 花言葉⇒『不誠実』『熱愛』

ジギタリス
ジギタリスは、指サックに似ているお花です。ジギタリスは、『不誠実』『熱愛』という花言葉があります。この花言葉にある不誠実は、ギリシア神話にてサイコロ遊びが好きだったゼウスの妻ヘラに由来すると言われています。

シャスタ・デイジー 花言葉⇒『忍耐』

シャスタ・デイジー
シャスタ・デイジーは強いお花です。シャスタ・デイジーは、『忍耐』という花言葉がありますこの花言葉は、常緑で耐寒性もあり、とても丈夫であることに由来すると言われています。

6月6日のカラーと天然石

6月6日のカラーと天然石・パワーストーンのご紹介です。
6月6日のカラーと6月、6月6日、星座・ふたご座の天然石・パワーストーンを組み合わせる事で、あなたの守り神とも呼べるようなパワーをもらえる事もあるかもしれません。

6月6日のカラー

6月6日のカラーは、メロンイエローです。

6月6日のカラーは、占いの一種ですが、ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がはじまりです。
6月6日のカラーはメロンイエローです。色言葉は、人道主義、サービス精神です。パーソナリティは、人間関係を大切にする平穏な人です。
穏やかな性格で人間関係を大切にします。他人の愚かさに悩まされてしまうこともありますが、それに屈することはせず自分自身を貫きながら前へ進んでいくことができます。

6月のパワーストーン

ムーンストーン
6月のパワーストーンはムーンストーンです。
月を象徴する守護石です。成功のチャンスを掴みたい時や新しい何かを始める時に、人生を正しい方向へと導いてくれます。月の回転が安定していることから、精神のバランスを保ってくれます。

6月6日のパワーストーン

アメトリン
6月6日のパワーストーンはアメトリンです。
黄色のシトリンと紫のアメジスト合わさった綺麗な守護石です。物事のバランスを整えてくれるパワーが強いので、仕事とプライベート、育児と家事などバランスを計りたい時、身に着けるとパワーがもらえてスムーズに物事から進むかもしれません。

6月6日・ふたご座のパワーストーン

クリソコラ
クリソコラ
ターコイズ
ターコイズ
翡翠(ヒスイ)
翡翠(ヒスイ)
ブラックトルマリン
ブラックトルマリン

ふたご座のパワーストーンには、コミュニケーションというキーワードも秘められています。守護石・アメトリンの力もかりながら、誰も気がつかないような良いバランスの取り方が手に入ることもであるかもしれません。

  • クリソコラは、豊かな愛情と美的感覚を与える守護石です。地球との絆を感じさせてくれ、広く豊かな愛情をはぐくみながら精神に調和をもたらしてくれます。
  • ターコイズは天の神が宿ると言われている守護石です。積極的に行動する勇気をくれ、目標にむかって進んでいけるようにパワーをくれます。
  • 翡翠は、仁・義・礼・智・信の5つの徳を備えた守護石です。意識を高め、人徳を与える効果があるといいます。護符にも適しています。
  • ブラックトルマリンは、最もマイナスイオンを放ち、強力なパワーを持つと言われている守護石です。過度な疲労やストレスを軽減してくれ、先の見えない苦しみや不安を乗り越え、希望の光へと導いてくれます。

6月6日に誕生した芸能人・有名人

6月6日に誕生した芸能人・有名人をご紹介します。
あなたの知っている芸能人・有名人はいるでしょうか?

職 業 氏 名
1946年 歌手 中尾ミエ
1965年 声優 緒方恵美
1967年 声優 吉田古奈美
1969年 女優 山本ゆか里
1979年 女優 尾羽智加子
1991年 タレント 米沢瑠美
1993年 タレント 鈴木満梨奈

まとめ

いかがでしたか?
6月6日に起きていた数々のエピソードをご紹介してきました。
あなたはいくつ知っていましたか?

6月6日のLuckyナンバー「23」、ペンステモン・アヤメ・ジギタリス・シャスタ・デイジーの4つの花と花言葉、カラー「メロンイエロー」、6月、6月6日、星座・ふたご座のパワーストーンを身につけることで、あなたの守護として守ってくれるでしょう。

6月6日は、一年に一度の大切な日です。
あなたにとって幸せな1日になりますように。

スポンサーリンク
この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう